ふじいあきらの風船呑みの極意

Category : 日用品・雑貨系マジック , 小道具


(以下、メーカー様紹介文より)



ふじいあきらが長年トリネタとして愛用しているトリック「風船呑み」。
氏の演技を見て自身のアクトに取り入れたマジシャンは数知れず。

しかし、このトリックには皆が共通する問題を抱えていました。
それは「本番中に風船が割れる」ということ。
そして「呑み込むのに時間がかかる」ということ。
この二つの問題は密接に関係しており、早くすれば風船が割れますし、割れないようにすればスピードが遅くなって間延びします。
最悪、ゆ〜っくり慎重にやっていて最後の方で割れるなんてことも。
しかし、本番で失敗が許されないプロマジシャン、ふじいあきらが辿り着いた方法はひとあじ違います。
まず、この方法でセットした風船は、ほぼ演技中に割れることはありません。
風船自体も良し悪しがあるので100%とは言えませんが、ふじい氏自身、数百と演じている中で、100本中1本割れるかどうかという確率。
しかも、割れたのは風船を膨らませてから端を結ぶまでのいわゆる準備段階でのことで、このセット方法にしてからは呑み始めてから割れたことは一度もないとのこと。
そして、既存の方法より早い。
大急ぎでやらなくてはいけないほど極端に早いわけではなく、雰囲気的に間延びしないぐらいの安定したスピードで風船を呑んで見せることができます。
もう、いちいち苦しんでいるフリをして時間を稼ぐ必要もありません。

これは既存の方法をすでにご存知で、そのような失敗の可能性を原因にレパートリーから除外していた方や、とにかく割れないようにと風船にいろいろと手を加えたり、慎重にゆっくり演じたりしている人にとって目から鱗のセット方法と言えます。
もちろん、初めて風船呑みをしてみたいという方にも分かり易いよう、演技全体の解説もしています。

演技はハンドポンプを使って風船を膨らませるところから始まりますので、この手の風船を口で膨らませる事が出来ない方でも大丈夫です。

(演技・解説:ふじいあきら)

販売価格 2,400円(本体2,223円、税177円)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

カートを見る

Search

Category

Mail Magazine