レッド・ミラー

Category : DVD(日本語字幕版) , カード系


(以下、メーカー様紹介文より)

ヘルダーは上手い!初めてJapanCup 2007で演技を観た時、あまりの卓越したテクニックに私はそう思いました。世界中で話題になったこのDVD「レッド・ミラー」の実演を見ても、ヘルダーのテクニックは健在で、むしろ初めて見た時以上の切れ味を持っていました。
しかしいざ翻訳に取り掛かってみると、なぜヘルダーがここまで上手いのか、少し理由がわかりました。ただ練習を積み重ねただけではない、独特な上手さ。訳していて、はっと気づきました。ヘルダーがここまで上手いのは、ここまで考え抜いているからこそだ、と。
プロマジシャンの小林洋介氏が「微妙にタイミングをずらしてくるから、少し記憶をさかのぼらないと気づけない。けど気づいた時にはヘルダーは次の段階に入っていて、全然追えない」と言っていたのを記憶しています。観客が何を見てどう考えているのかを徹底的に考えて、演技をしっかりと練ること。これこそ、ヘルダーが非常に上手い理由のひとつだと気づいたのです。
では、いったいどのように考えているのか。レッド・ミラーには、ヘルダーの頭の中が覗けるインタビュー映像が合計1時間ほど収録されています。ところが全て英語なので、非常に多くのお客様から「訳してほしい!」という要望の多かったところでした。それを今回、余すところなく完全日本語字幕化しました。
マジックだけでなく、スタジオでの解説、マジック・キャッスルでのレクチャー、コメンタリーにインタビュー。非常に盛りだくさんの内容になっており、マジック愛好家のみならず、現場で活躍するパフォーマーの方々も楽しめる一本となっております(むしろパフォーマーの方々に見ていただきたいです)。
「マジック界の底上げ」ができる、この夏最高のDVDが日本語字幕版となって日本に上陸。世界トップレベルのマジシャンを堪能して下さい。(和泉)



【収録内容】

『マジック』

●「4・フォア・フォー」
適当に選んだカードを見てみると、数字が4のカード。これを裏返すだけで、4枚のAになります。

●「ヘルダー・スケルター」
最初に4枚の予言をデックから出します。観客に1枚選んでもらった後、予言を1枚ずつ見ていくとすべて観客のカードになっています。

●「スカルプチャー」
ジョーカーを使って観客のカードを当てます。離して入れておいたジョーカーが、広げるたびに近づいていき、最後にはジョーカーの間に1枚だけカードが残ります。

●「ナマケモノ」
Aを出していきますが、途中でKが出てきます。最初に出したAを見てみると、すべてKに変化しています。そこからデックを表と裏に分けて混ぜ合わせますが、おまじないをかけると向きがすべてそろい、4枚のAだけ裏返っています。

●「インビジブル・スレッド」
「見えない糸」を使った、非常にビジュアルでクリーンなポール・ハリスの「リセット」のバリエーション。

●「アベルト・コート」
オープン・トラベラーとカード・トゥ・ポケットを組み合わせた演技。カードが移動したり、ジャケットのポケットから出てきます。

●「カーディシャン・コーディネート」
観客に改めてもらったサイフに適当なカードを入れておきます。そしてカードにサインしてもらい、マジックを演じていると途中でサインしたカードが消えています。サイフに入れたカードを見てみると、中から観客がサインしたカードが出てきます。

●「メリー・アンドリューズ(エキストラ)」
非常にクリーンなツイスティング・エーセス。4枚のジョーカーが、表になったり裏になったりします。

●「エース・アンド・グラス」
マジック・キャッスルでの演技。2枚の黒と赤のAが一瞬で入れ替わります。ここで解説される理論だけでもこのDVDを買う価値があります。

●「カードとサインとグラス(演技のみ)」
赤と青のデックを使ったカード・アクロス。2人にサインしてもらったカードが、違う色のデックへ見えない飛行をします。

さらに隠しメニューとして2つのボーナス・マジックが収録されています。見つからない場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
※オリジナル版とは違う場所に隠しメニューがあります。

『インタビュー』

●「アドバイス」
ヘルダーから皆さんへお送りする、とても耳が痛いアドバイス。

●「マジックとの出会い」
ヘルダーはどのようにマジックと出会い、何を考えてマジックと向き合ってきたのか?マジックとの接し方や距離感は非常に参考になります。

●「リハーサルについて」
どのようにリハーサル(通し練習)をするか。10代の頃からさかのぼり、その秘訣を語ります。

●「演技の構成」
本編で収録されている演技が、どのような流れを経て構成されたかを説明します。マジックを大切にしているヘルダーならではの考え方。

●「なぜカード・マジックなのか」
「カードには無限の可能性がある」と語るヘルダー。なぜここまでカードに惹かれるのかを、生い立ちから語ります。

●「演劇について」
4年間大学で学んだ演劇が、どのようにマジックに活かされているか。愛好家のみならず全パフォーマー必見。

●「マジックの古典的なプロット」
古典好きのヘルダーが語る、古典の魅力と古典へのアプローチの仕方。「改案とはこういうことか」と思うことでしょう。

●「演じること」
なぜか観客から「見えた」と言われた以前のヘルダー。観客に演じることとは、いったいどういうことか。

販売価格 5,449円(本体4,954円、税495円)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

カートを見る

Search

Category

Mail Magazine